妊娠初期はつわりの時期〜先ずは、食生活の見直しが大切〜

妊娠がわかってすぐに実行したいことは、食生活の見直しです。

 

多くの人は、今までは好き勝手に、あれやこれやと節操なく飲み食いしたり、極端なダイエットをしてみたり、食事のコントロールができていなかったのではないでしょうか。

 

妊娠は、偏った食生活を見直すいい機会です。自分だけのためじゃなくて、お腹の赤ちゃんの健康のためだと、意外と真面目に頑張れたりもします。

 

食事や栄養のことを知ると、赤ちゃんのために栄養のバランスのとれたものを、食べたいと自然に思って、気をつけるようにもなります。

 

妊娠中の食事で学んだことは、その後の授乳中や離乳食、子供が成長していく過程で、役に立つことばかりです。

 

産後のダイエットも、スムーズに行える知識が身につきます。

 

妊娠初期は、ちょうどつわりがはじまる頃になります。つわりの他にも、胸が張ったりなど体の変化が現れたりします。

 

つわりは、まったく食べられなくなる人や、反対に食べてないと気持ち悪くなってしまう食べづわり、頭痛や眠気が頻繁だったり、症状は人によっていろいろ違ってきます。

 

ご飯の炊ける匂いで、胃がムカムカしたりすることもあるし、おっぱいが張ってきて痛みを感じたりすることもあります。

 

食べ物で気をつけたいのは、特に生もの。妊婦さんは、免疫力が落ちやすいので、食中毒にかかりやすくなります。生ものは控えめにして、できるだけ加熱したものを食べるようにします。

 

食べられない時には無理をせずに、口にできるものを探して、水分だけは補給するようにします。スープやドリンク、今ならスムージーもコンビニで買えますね。

 

つわりの時期は、「食べられないから、栄養がとれない、どうしよう」と神経質になりすぎずに、いつかは終わりがくるので、リラックスして乗り越えていきましょう。